リングの教科書

Diamond

ダイヤモンドの4Cって何?

ダイヤモンドの品質を示す基準。
「COLOR」「CARAT」「CLARITY」「CUT」という
4 つの要素の頭文字をとって「4C」と呼ぶ。

ダイヤモンドの4Cって何イメージ
  • カラー

    透明であるほど
    ランクアップ!

    ボーダーライン

    ダイヤの色味を指す。無色透明のD級を頂点に、無色(D~F)、ほぼ無色(GHIJ)、わずかな黄色味(KLM)、非常に薄い黄色(N~R)、薄い黄色(S~Z)という23段階のランクが存在。無色に近いほど美しいとされ、価格も高くなる。

  • クラリティー

    不純物やキズの有無により決まる
    透明度の基準

    ボーダーライン

    ダイヤの透明度のこと。10倍の拡大検査で無傷なFL級を頂点に11のランクがある。原石に含まれる不純物やキズが少ないほど価値が上がるが、SI以上なら肉眼で欠点を判別するのは難しいので、神経質になる必要はなさそう。

  • カラット

    価格に大きく影響する
    ダイヤの重さの単位

    ボーダーライン

    ダイヤの重さを表わす単位で1カラット=1ctと表記する。大きさを表わす単位ではないが、カラットによってダイヤの直径が変わるので下の表を参考に。ちなみに今どきの婚約指輪の平均は0.3ct。

  • カット

    ダイヤの輝きを決める
    研磨状態

    ボーダーライン

    ダイヤの光の屈折率を計算して施される研磨のこと。ダイヤ表面の研磨状態、上下・左右が対称であることなどが評価基準。Excellentを最高、Goodを標準とした5段階のグレードが定められている。

カラットイメージ
4Cって何?イメージ(2)
4Cって何?イメージ(3)

これらのランクすべてに最高級にしていたら、とてもじゃないが30~40万円では足りない。クラリティなどを妥協して価格を抑えるのもひとつの手だ。

Design

知っておきたいダイヤモンドのデザイン5パターン

  • ラウンドブリリアンカット

    ボーダーライン
    ラウンドブリリアンカット

    ダイヤの美しい輝きを最大限に引きだす形とされるカット。中心から放射状に煌めくのが特徴で、ダイヤモンドの品質を評価する基準の『4C』は、58面体のラウンド・ブリリアントカットのみが評価対象とされている。

  • オーバルシェイプ

    ボーダーライン
    オーバルシェイプ

    2つの緩やかなカーブを描く側面、丸みを帯びた両端が特徴のカッティング。真上から見ると小判のような楕円形で、ダイヤの大きさが際立って見える。ダイヤ以外に、カラーストーンのカッティングとしてもよく使われる。

  • ペアーシェイプ

    ボーダーライン
    ペアーシェイプ

    大粒のダイヤモンドに良く見られる形状でペンダントトップとしても人気の高いカッティング。片方の先端が尖っているので指をキレイに長く見せる効果がある。涙のしずくに見たてて「ティアドロップ」と呼ばれることも。

  • マーキースシェイプ

    ボーダーライン
    マーキースシェイプ

    フランス語で「侯爵」の称号を意味する、ルイ15世の頃に流行ったカッティング。船を上から見たような上品で洗練されたデザインが印象的で、実際のカラット数よりもダイヤを大きく見せられるのも特徴のひとつ。

  • ハートシェイプ

    ボーダーライン
    ハートシェイプ

    愛をカタチにしたようなハート形のダイヤ。ブリリアントカットの変形で、ロマンチックなフォルムからアメリカやヨーロッパで特に人気が高い。ピンクなどの色つきダイヤにも似合いそうなカッティングといえる。

  • ダイヤのカッティングについては、種類や特徴をおさえておけば、既製品を選ぶときの参考になるのはもちろん、フルオーダーする際により好みに近い発注が可能になるはず。

婚約指輪の基本デザイン5パターン

  • ソリティア

    ボーダーライン
    ソリティア

    ダイヤ(宝石)を1粒のみセットした指輪を指す。石の存在感が際立つ、”婚約指輪の王道”のデザインとして根強い人気がある。アームのデザインも豊富で、爪の有無でも印象が変わる。

  • メレ

    ボーダーライン
    メレ

    センターストーンの脇に、0.03ct以下の小さいメレダイヤを添えたデザイン。メレダイヤの数や形で指輪の印象が大きく変化する。脇のダイヤにメインの石(ダイヤ)が引き立てられ、華やかさは抜群

  • パヴェ

    ボーダーライン
    パヴェ

    フランス語で「敷石」を意味する通り、アーム(枠)にメレダイヤを敷き詰めた、ゴージャスなデザイン。中央に大きなダイヤを使わずメレダイヤだけを隙間なく並べたタイプも人気。

  • エタニティ

    ボーダーライン
    エタニティ

    等しくカットされた同じサイズのダイヤをアームの上に並べたデザイン。指を一周するデザインをフルエタニティ、半周並べたものをハーフエタニティと呼び、「永遠」を意味する指輪として人気が高い。

  • 色石リング

    ボーダーライン
    色石リング

    パールや誕生石をあしらった婚約指輪など。最近はメインのダイヤの傍に小さなピンクダイヤや誕生石をあしらって変化をつけたデザインも人気。ダイヤとはひと味違った天然の美しい色を楽しめる。

  • 指輪選びオーダーの際にきっと役立つ

ゼクシィnetシリーズ