ウエディングプランナー&ショップスタッフが考える プロポーズ必勝アイデア

彼女が夢の世界にいる間に行うスリーピングプロポーズ!

ホテルか自宅 オールシーズン

彼女を起こさないようリングインは集中して!

 ふたりの思い出の日にプロポーズを行うのは王道です。けど、あえて記念日当日ではなく、ワンテンポずらしたタイミングで求婚するのはいかがでしょうか。
 彼女の誕生日、一緒に食事を楽しみ、夜は素敵なホテルで一泊。思い出に残るような素敵な時間を過ごし、彼女の心は満たされているはず。そして隣で寝息が聞こえてきた頃、計画を開始します。
 まずは彼女を起こさないようにしながら、左手の指にエンゲージリングをイン。そして、テーブルの上に「結婚してください」とメッセージを添えた手紙を置いておきます。翌朝、プロポーズの手紙を目にし、左手にはめられた指輪の存在に気づく彼女。恥ずかしがり屋で口べたな彼からの精一杯の演出に、心がまた深く満たされていくことでしょう。

サプライズ度★★
ロマンチック度★★★
実現難易度

プレゼンター
VANillA
石田みのり

求婚男子への応援メッセージ
恥ずかしいし、緊張もしますが、プロポーズは一生に一度のイベント。悔いが残らないよう頑張ってください!この方法なら顔を合わせなくても思いが伝わるはずです!

ゼクシィnetシリーズ