求婚を育てるヒント

前回はマキタスポーツさんからご自身の結婚10年目のプロポーズについて寄稿していただきましたが、その言葉に「ゼクシィ」の伊藤綾統括編集長が激しく共感!おふたりの対談が実現しました。そこで今回は番外編として、既婚者のおふたりにプロポーズ、そして結婚生活について語っていただきます!

今回のテーマ

イメージ

プロポーズは男の通過儀礼?

伊藤(以下、伊):マキタさんの最初のプロポーズって、どんなものだったんですか?

マキタスポーツ(以下、マ):結婚を決めたときはおめでた婚ということもあって、プロポーズらしいプロポーズはなかったんです。結婚式や新婚旅行もなく、なんとなく結婚生活が始まった感じで。

:では、10年目ではじめてプロポーズをしたと。

:まさにそうですね。当時は芸人としても身を立てられていなかったし、共同生活のイメージもなく、全て自分でコントロールできる生活を望んでいました。だから、たくさん衝突もあったし、朝帰りを繰り返して苦労をかけたりもしましたね。でも、子どもの成長や奥さんの姿を眺めているうちに気持ちに変化が生じていった。そこで、結婚10年の節目に改めて奥さん、そして周囲の人々に感謝を伝えようと思い、10年越しの結婚式をすることにしたんです。

:奥さんは喜ばれたんじゃないですか?私たち女性って、ロマンチックなカルチャーの中で育ってきたりしている。すべての女性がそうというわけではないけれど、男性にとっては恥ずかしいことでも照れずにやってもらいたいんですよね。

:いや、打ち明けたときは「もっとサプライズがほしい」なんて言われましたよ(笑)。でも、式で改めてプロポーズの手紙を読んだときは、とても喜んでくれましたね。やっぱりやってよかったと思います。ただ、達成感に酔いかけたところで、「これで今までの悪行がチャラになったわけじゃないからね」と奥さんからは釘を刺されましたが…。

:女性にとって「それとこれとは別」ですから(笑)。それこそ、プロポーズで「イエス」をもらうことがゴールになっちゃダメなんですよ。

:そうなんですよねえ。

:ところでプロポーズといえば、男女フェアに…なんて言いながらも、調査をすると「やっぱり男性からプロポーズしてほしい」と願っている女性が圧倒的に多いんです。それって男性側としてはどうなんでしょう?

:そういう様式は下手に動かさないほうがいいと思いますけどね。男性が腹をくくったほうがいいですよ。プロポーズなんて大喜利のお題みたいなものですから。今はその「解」の選択肢が多くて大変だと思うけど、人と比べず「自分なりの解」を見つけ出して、「彼女とどうありたいか」を伝えればいいんじゃないかな。

:そういう意味では、最近の結婚式も、自分たちの「解」をみんなと共有する場になりつつあるんですよね。「これから私たちはこういうスタンスで結婚生活を送ります」という宣言みたいな。

:「腹をくくってこの共同体で歩んでいきます」という決意表明でもある。僕の10年目のプロポーズも要は「腹くくり宣言」ですから。今後も腹をくくり続けていきます、っていう。プロポーズって一種の通過儀礼でもあるんでしょうね。腹をくくって解を出すのは大変だけど、それをやりきったことが心の勲章になり、自信にもつながるような気がします。

:たしかに!解を出すのは孤独なんだけど、そこに立ち向かっていったという事実はずっと支えになりますよね。

イメージ2

結婚生活は夫婦の共同作品

:だけど、通過儀礼ってプロポーズだけじゃないですよね。結婚生活のなかでも「腹をくくってるよ」って定期的に確認し合わないと。

:そうですね。プロポーズは熱い思いがあればできるけど、結婚生活はそれだけじゃ続けられない。生活、リアルがあるから。面倒なことも受け入れていくしかないんです。

:育児でもそうですね。夫に「もっと分担してよ!」なんてイライラしてしまいます。

:男は妻の話をうまく聞けないから、そのストレスを受け止めてあげることもできない。

:そうそう、ただ話を聞いてほしいだけのときも、要点や結論を求められたりして。

:「で、何が言いたいの?」と白黒はっきりさせたがるんですけど、会話っていうのはサッカーのパスまわしみたいなものですから。男もゴールまでの過程、中盤を楽しめるといいんですけどね。

:ね、パス回しがしたいんですよ!よく女性は話にオチがないって言われるけど、中身がなくても声をかけたり、思いを口にしたりすることって大事だと思う。

:ウチは奥さんからなんでも「ちゃんと言葉にして」と言われますよ。だから「ありがとう」「うれしい」なんかを口にするようになったんですけど、すると今度は「じゃ、次は行動で示して」と言われてしまう…。

:そこで具体的にどんな行動を?

:記念日とかって苦手だったんですけど、最近では仕事で遠くに滞在していても、結婚記念日のお祝いをちゃんと贈るようになりましたね。もう、いかなる記念日も漏らさぬよう、いつもピリピリしてますよ(笑)。

:たしかに、記念日みたいなイベントって「腹くくり」のいい確認になるかも。

:結局、結婚ってアンティークの家具を買うようなもので、贅沢品だと思うんです。どうしても必要なものじゃないし、ちゃんとメンテナンスしないと維持できない。そこで夫婦という関係性も含めてひとつの作品だと思って、壊れるリスクも意識しながら磨いていくと少しずつおもしろくなってくる。

:そうやって「作品を磨いていくのはおもしろい」って思うことって、ひとつの意志でもありますよね。そしてそれが少しでも伝われば、パートナーへの信頼にもつながる気がします。

:だから、「これが正解!」っていう明確な答えなんてないですよ。「アリ/ナシ」と白黒はっきりつけられるものでもない。グレーな状態を抱えながら生きていくことになるけど、その分喜びもある。それが結婚なんじゃないかな。

:あえて、グレーで。ひとつにはくくれないですよね。半信半疑くらいがちょうどいいのかもしれない。

:「漂えど沈まず」という言葉があるんですけど、人生の荒波に流されることはあっても、決して沈まない、そんな気持ちでいることが大事なんだと思います。だから、皆さんも先が見えないからといって怖がらず、思い切ってプロポーズしてみてください。

イメージ3

プロフィール

マキタスポーツ

芸人、ミュージシャン、俳優、コラムニスト、ラジオパーソナリティー。2012年1月に放送されたTBS『金曜日のスマたちへ』の出演をきっかけにテレビ・ラジオの出演が倍増。更には2012年に公開された山下敦弘監督作品『苦役列車』の好演がきっかけで第55回ブルーリボン賞新人賞・第22回東スポ映画大賞新人賞をダブル受賞し、俳優という側面から世間を騒がせた。また、槙田雄司名義で初めて執筆した著書『一億総ツッコミ時代』は三刷りまで決定。多方面からの独特なアプローチで注目を集めている。

伊藤綾

ゼクシィ統括編集長。料理書籍の出版社を経て、2000年(株)リクルート入社、ゼクシィ事業部に配属。2006年に首都圏版編集長。出産を経て2009年に復職し、2010年に首都圏版編集長。2011年4月から現職。ゼクシィのメディアブランディング、CMなどのプロモーション、ブライダルマーケットの現状分析と未来予測等、幅広く担当。2007年8月「花嫁1000人委員会」、2012年5月「花婿100人委員会」を設立。夫と分担しながら、ほぼ定時に帰る編集長として双子の育児との両立に挑戦中。

ボーダーライン

ゼクシィnetシリーズ